ジャンプ台、仮想ソチ 高梨「神経を集中」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプは18日から、女子個人戦が山形市蔵王ジャンプ台で2試合行われる. 昨春からの改修を終えたジャンプ台はソチ五輪で使われる台と形状が似ており、選手たちは「助走路を滑っている時、(遠心力の)圧を感じにくく、タイミングを合わせにくい」と声をそろえる. スパイク サッカー ナイキ 17日の公式練習で2回飛んだソチ五輪代表の高梨沙羅(クラレ)は「かなり集中していないと(踏み切る)タイミングが遅れてしまう. 日米韓「発射失敗でも安保理決議違反」 担 そこに神経を集中させるしかない」と語った. エントリーが50人以下のため予選は行われない.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>