ネット不正送金急増1315件 ウイルス感

インターネットバンキングの口座から預金が不正に移される被害が2013年は1315件あり、被害額が約14億600万円に上ったことが30日、警察庁のまとめで分かった. 被害が減った12年に比べ、件数が約20倍、額が約29倍となる激増ぶりだ. 警察庁は銀行には被害防止にむけた一層の対策を、利用者にはウイルス対策ソフトの更新などの自衛策をとるよう呼びかけている. 警察庁によると、13年は特に後半に被害が急増. 被害が確認された銀行は当初は5行だったが、12月までに32行に広がり、利用者は全都道府県に及んだ. prolerosin ゆうちょ、みずほ、三菱東京UFJ、楽天、三井住友の5行で被害額の86%を占めるという. ナイキ サッカーシューズ THE 密室からの脱出』シリーズ最新作は 不正送金の被害が初めて確認されたのは11年. この年の被害は165件、約3億800万円だった. 利用者のパソコンをウイルス感染させて盗んだID、パスワードが使われることが多いことから、銀行は1回の手続きに限って有効な「ワンタイムパスワード」を発行する対策を取った.

Comments are closed.