国内線旅客数、16年ぶりに8千万人下日本代表 サッカー ユニフォーム回る

飛行機の国内線の旅客数が2011年度、7905万人となり、1995年度以来、16年ぶりに8千万人を下回った. 東日本大震災による需要減が響いた. 国土交通省の航空輸送統計でわかった. 11年度の国内線の旅客数は前年度比3.8%減で、ピークだった06年度の9697万人と比べると2割減. 震災で仙台空港が閉鎖し、山形空港や花巻空港などに臨時便が飛んだが、旅客減を補うことができなかった. 08年のリーマン・ショック以降、各航空会社はもうけを出すため、飛行機を小型化したことや、10年に日本航空が経営破綻(はたん)して路線をへらしたことで、旅客の減少傾向が続いている. 旅客数上位50路線のうち羽田―熊本、羽田―北九州など8路線で前年度を上回るなど、西日本の路線の伸びが目立った. 一方、大阪―鹿児島、大阪―熊本など8路線は前年度より10%以上減った. 九州新幹線の開業で、飛行機から鉄道に移った影響とみられる. ナイキ CTR360 最も旅客数が多い路線は羽田―新千歳で852万人. 2位は羽田―福岡の734万人、3位は羽田―沖縄の489万人だった.

Comments are closed.