猪瀬氏、辞任論噴出 都幹部「五輪に支障、

東京都の猪瀬直樹知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた問題で、自民党の高村正彦副総裁は18日、「職務権限と関係する人から5千万円の大金を受け取った外形的事実だけで、出処進退を決断するのに十分だ」と語り、辞任を促した. 猪瀬氏は昼すぎに都庁に登庁したが、無言のまま執務室に向かった. 高村氏は記者団に、「職務権限と関係なく5千万円受け取っても不思議ではない特別な関係を説明できれば別だが、今までの説明からすれば、そうではないとはっきりしている」と述べ、猪瀬氏の説明は理解を得られないと指摘. 「辞任の決断が遅れると、東京オリンピックの準備にも支障が出るし、都知事として招致に成功した大きな功績を台無しにすることになる」と強調した. サッカースパイク prolerosin 自民党幹部が猪瀬氏の辞任論を公言したのは初めて. 5千万円の資金提供について、猪瀬氏は都議会総務委員会であいまいな答弁を繰り返し、説明も二転三転. 都議会は17日に審議を打ち切り、強い調査権を持つ「百条委員会」を設置する方針を固めている.

Comments are closed.