111年の歴ナイキ サッカーシューズ史に幕 神戸の造船ドック、老

国の登録有形文化財になっている川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)の第1ドックが老朽化し、111年の歴史に幕を閉じることになった. 船舶の大型化に対応できなかったうえ、1995年の阪神大震災で被災し、埋め戻されることになった. 22日に関係者がお別れ会を開く. 【パノラマ】川崎重工の第一ドック 民間造船の先駆けとして1902(明治35)年に完成. 当時は長さ130メートル、幅15・7メートル、深さ5・5メートルで、御影石を多く使った. 10年ぶりのバオバブの実 京都府立植物園 最大6千トンの船を修理することができ、戦前は潜水艦の潜水試験にも使われた. マイキータ アンド モンクレール」のコラ 戦後、日本の造船業は朝鮮戦争特需や海外からの大型タンカーの受注で活況に沸いたが、第1ドックは大型の船舶には対応できず、修理する船が徐々に減少. 年間数隻にまで減った.

Comments are closed.