JAL客室乗務員の制服、2013年より丸

JALグループが、2013年度上期より航空運送事業に関わる全部門の制服について、グループ内で統一性を持った新たなデザインに変更することを決定. その中で、客室乗務員と地上接客スタッフの制服デザインを「KEITA MARUYAMA」のデザイナー、丸山敬太氏が手がけることが明らかになった. 新制服は、着用予定者からの要望を取り入れ、機能面などの微修正を現在行っている段階. デザインの詳細については改めて発表される予定だが、新デザインのコンセプトにはJALグループの社員であることがひと目で分かる”視認性の高さ”や”清楚で上質なデザイン”が掲げられている. ロボジロボジー』 また、常に新しいことに挑戦する集団であり続ける意志を体現する”挑戦のスピリット”もデザインで表現される予定だ. アディダスサッカーシューズ prolerosin 尚、客室乗務員と地上接客部門以外の制服は、JALグループ内の担当部門にてデザインが決定されるという.

Comments are closed.