TOKYO JUNGLE(トーキョージャ

注目の動物サバイバルゲームに、著名クリエイターたちが挑む ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンから2012年6月7日に発売予定のプレイステーション3用ソフト『 TOKYO JUNGLE(トーキョージャングル) 』. その発売に先駆け、ゲーム業界を代表するクリエイターによるプレイ映像が、本日2012年4月5日より 本作の公式サイト にて公開される. 記念すべき第1回目は株式会社サイバーコネクトツーの松山洋氏が登場. 今後も、以下のようにさまざまなクリエイターによるプレイ動画が順次公開予定だ. 【公開スケジュール】 第1回公開 松山 洋 氏 (サイバーコネクトツー) 第2回公開予定 稲葉敦志 氏 (プラチナゲームズ) 第3回公開予定 桝田省治 氏 (マ―ズ) 第4回公開予定 小林裕幸 氏 (カプコン) 第5回公開予定 名越稔洋 氏 (セガ) 第6回公開予定 北瀬佳範 氏 (スクウェア・エニックス) 第7回公開予定 稲船敬二 氏 (comcept) 第8回公開予定 馬場英雄 氏 (バンダイナムコスタジオ) 第9回公開予定 須田剛一 氏 (グラスホッパー・マニファクチュア) ※2012年4月5日(木)20:45修正 馬場英雄氏(バンダイナムコゲームス)と記載しておりましたが、正しくは馬場英雄氏(バンダイナムコスタジオ)になります. たいへん失礼いたしました. ナイキ CTR360 TOKYO JUNGLE(トーキョー ジャングル) メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン 対応機種 プレイステーション3 発売日 2012年6月7日発売予定 価格 4980円[税込] ジャンル アクション 備考 ※PlayStation Network対応、開発: クリスピ−ズ PS Store ダウンロード版は3800円[税込] (C)Sony Computer Entertainment Inc.

動物サバイバルゲーム『TOKYO JUN

SCEが本日6月7日に発売するPS3用ソフト『TOKYO JUNGLE』. それを記念して、6月7日に同社の社員食堂で特製カレーがふるまわれる. 去る5月30日、この特製カレーのプレス向け試食会がSCE本社で行われたので、その模様をレポートする. 『TOKYO JUNGLE』は、人間が姿を消した”東京”で繰り広げられる、動物たちのサバイバルアクションゲーム. プレイヤーは動物たちを操り、過酷な生存競争を勝ち抜いていくことになる. 電撃オンラインでは プレイレポート も掲載しているので、どのようなゲームか気になる人はそちらを参照してほしい. 用意されていた特製カレーは、チキンが乗った”肉食カレー”と、野菜たっぷりの”草食カレー”の2つ. ゲームには大きく肉食動物と草食動物がいるため、これにちなんでのメニューになっている. 特製カレーは、この2つがセットになったうえ、ポメラニアンの肉球をイメージした特製ミルクプリンと、特製スムージーが付く. 学校給食を思い出すような、手作り感あふれる企画になっていた. 試食用のカレー. トレーには特製のペーパーが. “肉食カレー”はピリッとしたスパイシーな味わいのカレー. 食べ応えのあるチキンも魅力的だ. “草食カレー”はマイルドな味わいのカレー. 新鮮な野菜の歯ごたえを楽しめる. こちらが実際に提供されるフルセット. ミルクプリンとスムージーは今回試食できず、ちょっと残念. 気になるお値段は、ボリューム満点のカレーが490円、ミルクプリンが100円、スムージーがSサイズ200円、Mサイズ320円! フルセットで食べても1,000円以内! … しかしながら、もちろんこれはSCEの社員しか食べることができない. 激安 これだけだと読者の皆様に「お、おう… 」と思われるかもしれないので、試食会場に駆け付けた山際眞晃プロデューサー(SCE)と片岡陽平ディレクター(クリスピーズ)のコメントを掲載する. カレーを試食する山際さん(左)と片岡さん(右). 司会者からおもしろコメントを求められ、しどろもどろに. 草食系か肉食系かで謎の盛り上がりを見せる試食会. この原稿が掲載されるころ、2人はE2 2012のためアメリカに渡っているため、事前の試食会が企画されたとのこと. →恐竜が出てくるのはなぜ!? 開発陣のインタビューを掲載(2ページ目へ).